私が風俗嬢になったきっかけは、簡単に手っ取り早く大金が欲しかったからです。風俗、店舗型ヘルス、デリバリーヘルスと迷ったけど、デリバリーヘルスのが需要が多いと聞いたのでデリバリーヘルスにしました。その中でもお客様から見て優良のお店、デリバリーヘルスを見つけてG店にしました。
柔らかそうなおっぱい

ここはボディコンデリヘルでいちいち、自分の服を交換することなくお店がボディコンを用意して着せてくれるから、G店にしました。

面接は、普通の仕事の面接と同じで「なんで風俗始めたいの」「お金は何にに使うの」とかの一般企業と同じ面接なのと、風俗特有の面接もありました。

「フェラチオはしたことある」「うちの基本プレイはこうこうこうだから、それは普通にできるかな」などです。余裕でできます!って答えちゃいました。
その面接までにセフレが3人いて、簡単に生かすことができたっため即答で答えた甲斐があり、簡単に面接が通りました。「本番行為はダメんだからね」って言われちゃいました。

面接受ける前に本番行為が生活安全課などに露呈すると、法律に抵触するためだと思いました。面接の話に戻ります。性的な研修とかはなく、いつも通りに行かせてあげればいいからね!って丁寧に話してくれた店です。

その面接から私は2日後にデビューして、ゆういつ研修のあったお金の受け取り方だけ学びました。デビューした際、私は結構ギャルメイクにされて、そのまま普通のお客様について一緒にお風呂はいって、性行為にち解雇として、1日で5万円稼ぐことができました。
それなりに心は廃ってきますが、今でも現役です。